悩みを一発で解決する、ある一言

スポンサーリンク

「あの人のように○○出来ない自分はダメだ」

 

そんな風に悩んでいることってありませんか?

僕はよくありました。

 

特に悩んでいたのは、僕には「社交性」が全く無いこと。

(ストレングスファインダーの結果でも31位)

 

大勢の飲み会に行くと空気と化すことが多いんです。

 

会社員だった時、

僕の上司はそういう場で身のこなしが上手でした。

 

ちょっと大きな飲み会で

「ほら、お前も話しにいけ!」

 

なんて上司からよく言われましたが、

まぁ、キツかった笑

 

行っても会話も弾まず

微妙な空気感になるんです。

 

なので社交性の無い自分に対して

 

「人間としてダメなんじゃないか?」

「自分ってなんてつまらない人間なんだ」

 

そんな風に思い、悩んでいました。

 

でもある人からの一言がキッカケで

その悩みがなくなります。

 

それは、

「それって死ぬほど困っていますか?」

 

正直、死ぬほどは困っていない・・・

そう思ったんです。

 

一人の時間も好きだし、

大勢の人と会うことをそんなに望んでいるわけでもない。

 

会社員だった当時であれば

飲み会といった大勢の場に行かないと

信頼関係が築けないかと言えば、そういうわけでもない。

 

少なくても、今までの出会ったお客さんは

僕の仕事ぶりを見て、安心してくれていた。

 

社交性は無いけど、

それで死ぬことはないし、

自分には他にもっと良い面がある。

 

そう思うことが出来たら

「社交性の無さ」で悩むことが無くなったんです。

 

結局のところ「社交性が無い」ことを

マイナスと捉え、悩みを作っていたのは自分だということ。

 

事実や出来事に対して

自分自身でどう意味づけをするのか、

 

その意味づけ次第で

プラスにもマイナスにもなります。

 

あなたのその悩み、死ぬほど困っていますか?

自分で勝手に悩みを作っていませんか?

 

その悩み、無くなるかも。

理想の人生を描くオリジナルの3ステップをメルマガで配信中

僕は少し前まで、
終電まで働くごく普通の会社員でした。

終わらない仕事、
お客さんのムチャ振り、
社内からプレッシャー・・・

仕事を辞めたいと何度も思いましたが、
「やりたいこと」も無く、
転職できる自信すらありませんでした。


ですが、なんと今では
「やりたいこと」を見つけ、劣等感も払拭し、
独立して「自分らしい人生」を過ごしています。


なぜ、そんなことが出来たのか?
そのキーワードは自己肯定感です。

人間の脳の性質上、
全ての行動において自己肯定感が関係しています
自己肯定感は「心の」「人生」の土台です


自分の人生を変えるためには、
あれこれとスキルを学ぶことよりも
まずは自己肯定感を整えること
これが一番最初にすべきことです


30年間、
「やりたいこと」も「自信」も無かった
僕でも人生を変えることができました。


きっと、昔の僕のように
「やりたいこと」がない、
自分に自信がない、
と苦しんでいる方は多いと思います。


だからこの経験が少しでも
皆さんの参考になればと思い、
僕が人生を変えた方法や経緯
無料のメールマガジンでお伝えしています。


今だけメルマガ登録のお礼に
3大特典もお送りしています。

ぜひこちらから受け取ってみてください。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です