劣等感は「事実」じゃないよ。自分がどう感じるかだよ。

スポンサーリンク

僕の身長は163cm。結構、小柄なんです。

 

昔は、小柄で背が低いことに

すごく劣等感を抱いていました。

 

子供の頃からずっと小さかったので

「チビ」

ってバカにされることも沢山あったし。

 

服のサイズ感も難しくて

Sサイズを着ても大きいことがしばしばありました。

 

「せめて170cmあったらなぁ」

高校生ぐらいの時はそんな風に思っていました。

 

大人になった今は

あんまり気にしてはいませんが、

子供の頃は、とても嫌だったんですね。

 

*****

こないだ妻と話をしていて

「身長」に関する話になったんですよね。

 

「子供の頃は背が低いことに悩んでいたんだよ~」

なんて話をしていたんですが、

 

その時、妻から

「でも背が高かったら、あなたらしくないよね~。」

そんなことを言われたんです。

 

この時にハッとしました。

 

劣等感は「事実」じゃなくて

自分が「どう感じているかなんだ」と。

 

昔の僕は

「背が低い」ことを劣等感に思っていましたが

「背が低い」というのは単なる事実。

 

この時点で

良い悪いは無いんです。

 

僕が勝手に

「背が低い」=「カッコ悪い」「ダサい」

と捉えて劣等感に仕立てていただけ。

 

でも僕の妻は、「背が低い」ことに

そんな印象を抱いていませんでした。むしろ、

 

・威圧感がなくて優しい印象がある

・親しみやすさがある

 

こんな風に思っていたようです。

 

「背が低い」という事実は一緒なのに

それぞれの捉え方で、全く別物になっていました。

 

*****

もしあなたが劣等感を抱いているのなら

1つ、考えてみてください。

 

それは「事実」ではなくて、

自分の「思い込み」ではないですか?

 

劣等感は「事実」じゃない。

自分が「どう感じているか」なんです。

 

感じ方、捉え方次第でその思いは別物に変わります。

どうか「悪い面」ではなくて「良い面」をみてあげてくださいね。

 

そうすれば劣等感は無くなるはずだから。

心から納得する自分らしい「やりたいこと」を見つける方法を無料の動画で公開中

今すぐ動画を視聴したい方はこちらからどうぞ!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です