負の感情を”一瞬”で手放す方法

スポンサーリンク

こんにちは、花田です。

 

「上司に言われたあの一言がイライラする」

「あんなことも出来ない自分はなんてダメなんだ」

「お客さんから言われた一言が、図星で、惨めな気分になった」

 

こんな風に「負の感情」に囚われてしまうことってありませんか?

「負の感情」とは、日々の生活で頂く怒り、嫉妬、恨み、憎しみ、劣等感、不満といった後ろ向きの不快な感情をさしています。

 

「負の感情」に囚われているときは、なんでも否定しがちで、なかなか良くなることがありません。

不思議なモノでこんな時に限って、視点が画一的になり、イライラしていることや足りない部分、ダメな部分にしか目がいかず、「負の感情」ばかりがグルグル回り続けるんですよね。

以前の僕も一旦「負の感情」に囚われてしまうと、ここから抜け出すのにとても時間が掛かっていました。

 

この「負の感情」から抜け出すには、悪い側面ばかり見ている視点を、全体を俯瞰できるよう視点を広げること。

でも「負の感情」が渦巻く中で、視点を変えるって結構難しいこと。

 

実は、これを一瞬で行う方法があります。

 

 

それは「偉人の名言や格言」を見ること。

または「尊敬している人だったらどうするだろう?」と考えてみるのもOKです。

 

これらによって自分の視点から、第3者の視点に強制的に変えることができます。

 

特に「偉人の名言や格言」は効果抜群です。

自分の悩みがちっぽけに感じ、自然と頑張ろうという気持ちにさせてくれます。

 

この偉人の在り方、生き方、価値観を参考にし、自分が今、向きあっている問題を客観視する方法を、行動心理学の世界では「レファレント・パーソン論」と呼びます。

レファレント・パーソンは、自分で決断する力を与えてくれるため、自己肯定感を高める効果もあります。

 

悩みに囚われ、負の感情に浸っているならぜひ、偉人や尊敬する人だったらと考え、視点を変えてみてください。

負の感情のループが一瞬で終わり、自然と解決に向けて、行動することが出来るようになります。

 

最後に、

偉人の名言・格言をまとめたサイトのURLを貼っておきますね↓

名言+Quotes 学べる・活かせる名言集!英語名言も豊富

 

 

心から納得する自分らしい「やりたいこと」を見つける方法を無料の動画で公開中

今すぐ動画を視聴したい方はこちらからどうぞ!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です