【難】が無い人生は【無難】な人生。【難】が有る人生は【有り難い】人生

スポンサーリンク

僕は会社員のとき、

仕事のストレスで休職したことがある。

 

心身共に辛くて、

とにかく休みたいって気持ちもあったけど、

「世間的には休職は汚点かなぁ・・・」と考えると人生が終わったような気がして、とても不安だった。

 

そして当時、休職したことを、周りに言うことができなかった。

 

勝手な思い込みだけど、

「えっ大丈夫なの?」と過度な心配や、

腫れ物に触れるような扱いをされるような気がして。

 

どうしても自己開示することができなくて、

休職してしばらくは、友達にも言えなかったし、自分の親にすら言えなかった。

 

そのくらい「休職」に対して、

恥ずかしさや劣等感、人生の汚点のように感じていた。

 

*****

でもさ、今だから思うけど、

そんな時期があっても良いじゃないかと。

 

世間では、特に日本では働き続けることが美学のような風潮はあるけど、それで身体を壊したり、それこそ命を落とすようなことがあれば元も子もない。

 

当時の僕だってなんども「死にたい」って思って頭を抱えていた。

 

「そんなのただの甘えだ!」

「根性がないだけだ!」

「メンタルが弱い!」

 

とか言う人はいそうだけど、

(実際、僕も遠回しにそんなことを言われた。)

そんなこと真に受けなくて良い。

 

当事者じゃないと本当の気持ちなんてわからないのだから。

 

機械がメンテナンスするのと同じように

人間だって長い人生の中で1~2年の調整があってもバチは当たらないよ。

 

だから僕は休職を「人生の充電期間」と思うようにした。

 

むしろこういう経験したことで、

同じように悩んでいる方が僕に頼ってくれるようにもなった。

 

休職した経験は

僕にとっては大事な経験だと思えるようになった。

 

******

休職にかぎらず、人生の中で「困難」にぶつかることは誰しもある。

 

辛くて、苦しい、

そう思うことも沢山あると思う。

(僕も休職の時は本当に辛かった)

 

でもその困難が

誰かの役に立つことだって、

今後の自分の人生に活きることだってきっとある。

 

【難】が無い人生は【無難】な人生。【難】が有る人生は【有り難い】人生
【斉藤里恵(筆談ホステス)】

 

困難を自分の中でどう意味づけするか。

自分の意味づけ次第で、この先の人生も変わると僕は思う。

【自信がなくても人生を変える方法】を無料で公開中

僕は少し前まで、
終電まで働く平凡な会社員でした。

終わらない仕事、
お客さんのムチャ振り、
社内からプレッシャー・・・

仕事を辞めたいと何度も思いましたが、
「やりたいこと」も無く、
転職できる自信すらありませんでした。


ですが、なんと今では
「やりたいこと」を見つけ、劣等感も払拭し、
独立してマイペースに過ごしています。


なぜ、そんなことが出来たのか?
それは自分の才能を知ったから。

断言しますが、
どんな人にも才能は必ずあります。
ただ多くの人は気づいていないだけ。


どんなに自信が無くても
自分の才能に気づくことが出来れば
思い通りに自由に生きることが出来ます。


30年間、
「やりたいこと」も「自信」も無かった
僕でも人生を変えることができました。


きっと、昔の僕のように
「やりたいこと」がない、
自分に自信がない、
と苦しんでいる方は多いと思います。


だからこの経験が少しでも
あなたに参考になればと思い、
僕の人生が変えることが出来た方法
無料のメールマガジンで伝えていくことにしました。


今だけメルマガ登録のお礼に
無料特典もお送りしています。

ぜひこちらから受け取ってみてください。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です