永遠に続くと思えた「辛くて苦しい日常」に僕はうんざりしていた。そこから抜け出すために僕がしてきたこと。

スポンサーリンク

「考える前に行動しろ!」

世間的によく言われる言葉。

 

僕はこの言葉には違和感がある。

なぜなら人によって「やり方」は違うからだ。

 

「行動」よりも、「考えること」を重視する人もいる。

 

何十手も繰り出してゴールに辿りつく人もいれば、

吟味した1手でゴールに辿りつく人だっている。

 

だから

「考える前に行動しろ!」は、

一部の人の「やり方」であって、

万人の「やり方」ではないと思う。 

 

僕自身、とても慎重な人間なので

「考える前に行動する」ことは苦手だ。

 

それでも、1つだけ確かなことがある。

 

それは

「行動しなければ何も変わらない」

ということだ。

 

 

「いつまでこんなことしてるんだろう・・・」

 

仕事からの帰り道、

ため息交じりについ出てしまった言葉。 

 

週の後半、木曜日の話。

その日も遅い時間だった。

 

職場を出たのは21時ちょっと前。

家に着くのは22時過ぎぐらいだろう。

 

あたりは暗く、

人通りもまばらな駅までの道を、トボトボと歩く。

 

駅に到着して電光掲示板を見ると、

乗りたい電車が発車まであと1分。

 

駆け足で階段を降りて電車に飛び乗った。

 

電車の座席には

疲れ切ったスーツ姿のオジサンが

ため息をついて座っていた。

 

猫背で

スーツはヨレヨレ。

 

うつむいて

疲れ切った目をしていた。

 

その目から僕には

精気を感じられなかった。

 

その時にふと思った。

 

周りから見れば、

僕も同じなのだろうか・・・

 

このまま僕も

このオジサンのようになるのだろうか・・・

 

新入社員のような

ハツラツとして気持ちは、

もうどこかに消えていた・・・

 

もう疲れたし、遅い時間だから

今日の夕飯はコンビニで買うことにしよう。

 

コンビニに寄って

家に帰って、買ってきたお弁当を食べる。

 

食べ終わったら

そのまま寝転がり、スマホゲームを起動。

 

今日のデイリータスクを終わらせて

アイテムゲット。

 

その後は、

Twitterを開いて画面を下へスクロール。

 

あぁ、またこの人、

「いいね」や「RT」を一杯されているな。

 

なんか人生楽しそうだよなぁ。

 

会社にも行かないで

好きなことしてさ、

お金を稼いで、

皆から評価されて。 

 

それに比べて僕は、

 

朝早くから満員電車で出社して、

納得のいかないお客さんや上司からの

ムチャ振りに応えて、夜遅くまで働いて。

疲労感一杯で帰ってきて家でグッタリしている。

 

あれ、今日の楽しかったことって何かあったっけ?

 

もしかして

こんな感じで一生を過ごして

僕の人生は終わるのかな?

 

 

いやいや、

そんなことないよね。

 

いつかは僕にだって

何か良いことが起きるはずだよ。

 

そう、いつかきっと・・・

 

 

でもね、

 

3ヶ月経とうが、

半年経とうが、

1年経とうが、

 

そんな日が来ることは無かった。

 

むしろ、

どんどん酷くなっていた。

 

「いつまでこんなことしてるんだろう・・・」

 

1日に何回も考えるようになっていた。

 

どうして何も変わらないのか。

なんで「良いこと」が1つも起きないのか。

 

いつまでこんな生活が続くんだろう。

あぁ、もうやだなぁ・・・

 

 

これは23年前の僕そのものだ。

 

「いつか何か変わるだろう」と、

ずっとそんなことを願っていた。

 

でも何も変わらなかった。

 

今だから言えることがある。

 

それはシンプルに「何もしていない」からだ。

 

文句を言いながらも、結局は日々の生活に甘んじて

「今の生活を変える」努力を何もしていなかったからだ。

 

僕はずっと「良いこと」が

向こうからやってくることばかりを願っていた。

 

でもそんなことは起こるはずもなかった。

 

「良いこと」は自分から迎えに行かない限り、絶対にやってこない。

 

とても当たり前のことだけど、

僕は気づくまでにとても時間がかかった。

 

だから僕は

今の生活を変える一歩として

「会社」でも「家庭」でもない

新たな環境に身を置いた。

 

オンラインサロンに参加したり、

ワークショップやセミナーに参加したり。

 

そうして自己分析やストレングスファインダーに出会ったことで今の僕がある。

 

「考える前に行動しろ!」とは僕は思わない。

「行動」を起こすには人それぞれのやり方があるから。

 

でも「行動しなければ何も変わらない」は

僕の経験して身をもって知った。

 

昔の僕のように

「いつまでこんなことしているんだろう・・・」と

今の生活が辛くて、つまらなくて、どうしても変えたいと思っているなら、

 

とにかく行動して色々やれとは言わない。

 

けど、まずは一歩、

いつもと違う行動を起こして欲しい。

 

その一歩の積み重ねで

人生は変わっていくのだから。

【多くの人に読まれています】僕が休職していた時のお話

本当に辛かったら、逃げたって良いんだよ

人生ドン底の状態から、才能に気づいて自信がついた話

目に見える成果だけが才能じゃない。抑うつ症になって初めて気づいた大切なこと。

【自信がなくても人生を変える方法】を無料で公開中

僕は少し前まで、
終電まで働く平凡な会社員でした。

終わらない仕事、
お客さんのムチャ振り、
社内からプレッシャー・・・

仕事を辞めたいと何度も思いましたが、
「やりたいこと」も無く、
転職できる自信すらありませんでした。


ですが、なんと今では
「やりたいこと」を見つけ、劣等感も払拭し、
独立してマイペースに過ごしています。


なぜ、そんなことが出来たのか?
それは自分の才能を知ったから。

断言しますが、
どんな人にも才能は必ずあります。
ただ多くの人は気づいていないだけ。


どんなに自信が無くても
自分の才能に気づくことが出来れば
思い通りに自由に生きることが出来ます。


30年間、
「やりたいこと」も「自信」も無かった
僕でも人生を変えることができました。


きっと、昔の僕のように
「やりたいこと」がない、
自分に自信がない、
と苦しんでいる方は多いと思います。


だからこの経験が少しでも
あなたに参考になればと思い、
僕の人生が変えることが出来た方法
無料のメールマガジンで伝えていくことにしました。


今だけメルマガ登録のお礼に
無料特典もお送りしています。

ぜひこちらから受け取ってみてください。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です