ありのままの自分を認められてますか?

スポンサーリンク

自己受容感という言葉があります。

これはありのままの自分を認められる感覚。

 

自己受容感が高まれば、

たとえ、自分にネガティブな面があったとしても

「これも自分だよね!」とOKが出せる、

 

良い面も悪い面も全部ひっくるめて

自分なんだと思える、

そんな風に自分を受け入れることが出来るようになります。

 

逆に自己受容感が低いと

・小さなミスが気にかかり、行動が出来なくなる

・自分のネガティブ面に執着して自己否定に走る

・他の人からの評価が気になって仕方がない

こんなことで悩むようになります。

 

以前の僕も自己受容感が低かった・・・

 

自分のネガティブ面ばかり執着して

自己否定ばっかりしていました。

 

「自分には良いところが何一つない」

「自分の存在価値がわからない」

「生きていることがもう辛い」

 

こんな風に頭を抱えていました。

その結果、抑うつ状態になるという悲劇に。

 

でもその状態から

どうやって立ち直っていったかと言うと

僕は自分の持つ「才能」に気づいたことがキッカケでした。

 

いっけん、自分の何気ない行動だと思っていたことが

実は才能だったりします。

 

例えば、

「心配性で決断するのに時間かかる」という短所は

「じっくりと考えて最適な答えを出すことができる」という才能です。

 

才能は誰にでもあります。

多くの人はそれに気づいていない。

 

自分の才能に気づくことが出来れば

ありのままの自分を認めることが必ず出来るようになります。

自己受容感が高まるのです。

 

自己受容感が高まれば

何が起きても立ち直れる折れない力

“レジリエンス(復元力)”も高くなります。

 

だから「自分のことが認められない」

自己受容感の低い人は、自分の才能に気づくことが

前に進むための一歩だと僕は思います。

 

あなたはありのままの自分を認められていますか?

理想の人生を描くオリジナルの3ステップをメルマガで配信中

僕は少し前まで、
終電まで働くごく普通の会社員でした。

終わらない仕事、
お客さんのムチャ振り、
社内からプレッシャー・・・

仕事を辞めたいと何度も思いましたが、
「やりたいこと」も無く、
転職できる自信すらありませんでした。


ですが、なんと今では
「やりたいこと」を見つけ、劣等感も払拭し、
独立して「自分らしい人生」を過ごしています。


なぜ、そんなことが出来たのか?
そのキーワードは自己肯定感です。

人間の脳の性質上、
全ての行動において自己肯定感が関係しています
自己肯定感は「心の」「人生」の土台です


自分の人生を変えるためには、
あれこれとスキルを学ぶことよりも
まずは自己肯定感を整えること
これが一番最初にすべきことです


30年間、
「やりたいこと」も「自信」も無かった
僕でも人生を変えることができました。


きっと、昔の僕のように
「やりたいこと」がない、
自分に自信がない、
と苦しんでいる方は多いと思います。


だからこの経験が少しでも
皆さんの参考になればと思い、
僕が人生を変えた方法や経緯
無料のメールマガジンでお伝えしています。


今だけメルマガ登録のお礼に
3大特典もお送りしています。

ぜひこちらから受け取ってみてください。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です