慎重さの資質をもっと誇って欲しい【ストレングスファインダー】

スポンサーリンク

ストレングスファインダーの資質の1つである「慎重さ」。

この資質を上位に持つ方は、こんな風に考えたことはないですか?

・即行動できないことが当たっていてショック。

・パッとしないし、もっとカッコいい資質が良かった、、、

僕の肌感覚として、慎重さを上位に持つ人は、慎重さをネガティブに捉える人がかなり多い。

正直、僕もその一人でした。

ストレングスファインダーの診断結果で、慎重さが5位と出た時には「やっぱりな。」と悲しくなりました。

でも今は違います。いま僕が一番好きな資質は慎重さです。

過去の成功体験を振り返り、僕の成功には慎重さが欠かせないことに気づいたからです。

・安定感あるよね。

・安心して任せられる。

仕事をしていると周りからこんなことを良く言われます。これは慎重さが発揮された結果だと僕は考えています。

慎重さの資質は「実行力」の資質。

うまく使えれば物事を淡々と進めて成功に導き、周りからの信頼も築くことができる素晴らしい資質です。

だから慎重さの資質を上位に持つ人は、それをネガティブに捉えず、もっと誇って欲しい。

「慎重さ」に対するイメージを変えたい、そんな想いから、この記事では「どうやって僕が慎重さの資質を好きになったのか」「誇れるようになったのか」をまとめたいと思います。

あなたの慎重さのイメージを変える助けになれば幸いです。

そもそもストレングスファインダーって何?って方はこちら

ストレングスファインダーとは?わかりやすく5分で解説します。

慎重さは「ブレーキ」ではない

僕が慎重さをネガティブに捉えていた理由は、慎重さを「ブレーキ」のように捉えていたんですよね。

思いついたら即行動できる人もいるのに、どうしても不安になり、すぐに行動が出来ない・・・心のブレーキをかけてしまうんです。

こんな自分が嫌で嫌でしょうがなかった。

でも自己理解のために過去の成功体験を振り返っていると、あることに気づきました。

気づいたのは「不安になることで早めに準備をする、これも1つの行動だ!」ということ。

一見、ブレーキのように感じていたことは、フルスロットルでアクセルを踏むための準備だったんです。

この準備があるからこそ、余裕をもって行動ができ、成功に導くことができる。

だから慎重さの資質はブレーキではない。一気に加速するための「ため」のようなものなんです。

これに気づいてから、僕の中で慎重さのイメージがポジティブなものに変わってきました。

慎重さは人との信頼を築くこともできる

また慎重さの資質は、丁寧な仕事ぶりが人との信頼を築くことにも繋がります。僕がそれに気づいたエピソードを紹介します。

以前、僕がワークショップを主催したときのお話。

ワークショップを成功させるために、考えられるリスクを想定して僕は準備を行っていました。

その1つが参加者への情報の事前アナウンス。

ワークショップに関する情報は、申し込みの段階で参加者へは伝えておりましたが、ワークショップの3日前にリマインドの意味も込めて再度、情報のアナウンスを行ったんですよね。

アナウンス(リマインド)の具体的な内容は、

・当日の開始時間・終了時間

・当日の持ち物、準備して欲しいこと

・ワークショップ会場の情報(住所、地図、入り方)

⇒地図には道順を示したり、会場入り口の写真も添付

・当日のワークショップの進め方

⇒行うワーク数や休憩時間について

・会場にある設備について (Wifi、トイレ等)

参加者が当日に迷わずに会場に来てくれること、少しでも不安をなくしてもらうこと、こんなことを目的に僕は事前アナウンスを行いました。

これはワークショップを成功させるための準備の1つであり、慎重さから来ている行動です。

僕としては当たり前の行動だったのですが、

・丁寧でありがたい!

・用意周到で安心する!

と、感謝の言葉を頂いたんですよね。

このときに「慎重さの資質は物事を進めるだけでなく、周囲へ安心感を与えて信頼を築くこともできるんだ!」と気づいたんです。

思えば過去に仕事でも

・安定感あるよね。

・安心して任せられる。

こんな風に言われていました。

これも慎重さによって、信頼を積み重ねた結果なんだと思います。

慎重さの資質は、ブレーキではなく一気に加速するための「ため」であり、人との信頼を築くことができる。

この考えにいきついて、慎重さを誇れるようになったんです。

慎重さの資質を誇って欲しい

改めて、僕が気づいた慎重さの良さをまとめます。

・慎重さは「ブレーキ」ではない。加速するための「ため」である。

・慎重さは周囲に安心感を与え、信頼を築くこともできる。

慎重さの資質は「実行力」の資質。

うまく使えれば物事を淡々と進めて成功に導き、周りからの信頼も築くことができる素晴らしい資質です。

だから慎重さをネガティブに捉えずに、ぜひ誇って欲しい。

この記事を通して、慎重さのイメージが変わってくれれば幸いです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

慎重さの特徴と活かし方については「自分コンパス」に寄稿しております。こちらもご参考にどうぞ。

自分コンパスへの寄稿記事。合わせてどうぞ!

慎重さの資質の特徴って?強みを発揮するための活かし方まとめ

【自信がなくても人生を変える方法】を無料で公開中

僕は少し前まで、
終電まで働く平凡な会社員でした。

終わらない仕事、
お客さんのムチャ振り、
社内からプレッシャー・・・

仕事を辞めたいと何度も思いましたが、
「やりたいこと」も無く、
転職できる自信すらありませんでした。


ですが、なんと今では
「やりたいこと」を見つけ、劣等感も払拭し、
独立してマイペースに過ごしています。


なぜ、そんなことが出来たのか?
それは自分の才能を知ったから。

断言しますが、
どんな人にも才能は必ずあります。
ただ多くの人は気づいていないだけ。


どんなに自信が無くても
自分の才能に気づくことが出来れば
思い通りに自由に生きることが出来ます。


30年間、
「やりたいこと」も「自信」も無かった
僕でも人生を変えることができました。


きっと、昔の僕のように
「やりたいこと」がない、
自分に自信がない、
と苦しんでいる方は多いと思います。


だからこの経験が少しでも
あなたに参考になればと思い、
僕の人生が変えることが出来た方法
無料のメールマガジンで伝えていくことにしました。


今だけメルマガ登録のお礼に
無料特典もお送りしています。

ぜひこちらから受け取ってみてください。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です