【ストレングスファインダーの活かし方】34資質の順位が意味すること。

スポンサーリンク

ストレングスファインダーには計34つの資質が存在します。診断を受けることで、その人の持つ資質の順番を示してくれます。

(正確には、最初はTOP5のみ開示、追加料金を支払うことで34資質を全ての順位を開示できる。)

ではその順番にはどういった意味があるかご存知でしょうか?

・順位が高いほど得意なこと?

・順位が低いのは苦手なこと?

・中盤の順位はどういうこと?

本記事では「ストレングスファインダーの診断結果の順位が意味すること」をまとめます。ストレングスファインダーを活用するための参考となれば幸いです。

そもそもストレングスファインダーって何?って方はこちら

ストレングスファインダーとは?わかりやすく5分で解説します。

「才能」と「資質」について

「順位の意味」の前に、改めて「才能」と「資質」について説明しておきます。ほとんど同じ意味で使用されている言葉ですが、厳密には異なります。

才能とは?

才能とは「無意識の行動・思考・感情パターン」のことです。

もっと簡単に言うと「自分では無意識に行っていること」と、自分の癖のようなものです。

才能について詳しくまとめた記事はこちら

【才能を見つけたい方へ】才能の解説と見つける方法について

資質とは?

資質とは「才能をグルーピングしたもの」です。広い意味での才能となります。

図で示すとこんなイメージです。

背景も説明しておきますと、ストレングスファインダーはアメリカの調査会社であるGallups社が、成功者200万人に対してインタビューをし、作成したツールです。

成功者200万人へのインタビューの結果、5000種類の才能を発見することができました。さすがに5000種類では数が多いため、性質が似ている才能をグルーピングして34種類に分けたのです

この34種類に分けたものが「資質」となります。

診断結果の順位が意味すること。

ストレングスファインダーの診断結果は1位~34位までありますが、これを大きく3つのグループに分けることが出来ます。

3つのグループ

①上位資質 (1位~11位前後)

②中位資質 (11位前後~22位前後)

③下位資質(22位前後~34位)

「前後」と表記したのは個人差があるためです。人によっては13位までが上位資質という方もいます。

それぞれの内容について、詳しく説明していきますね。

上位資質

1位~11位前後にあたる上位資質は、まさしくその人の持つ才能であり「無意識の行動・思考・感情パターン」です。上手に才能をコントールすることができれば「強み」として活用することができます。

よく間違われるのですが「才能=強み」ではありません。才能とは使い方次第で「強み」にもなり「弱み」にもなる”種”のようなものです。

例えば、僕は1位に「調和性」の資質をもっています。「調和性」は一言でいえば「争いを好まない平和主義者」。

上手に使えれば「対立している2つの意見のまとめあげ皆を納得させる」ことができます。

反対に使い方を間違えると「意見の食い違いがあっても波風を起きることを避けるために、自分の意見を言わず我慢する」と自分を苦しめることになります。

そのため、上位資質にある資質は、その人が強くでる行動や考え方の傾向であり、使い方次第でプラスにもマイナスにもなるものです

中位資質

11位前後~22位前後にあたる中位資質は、意識すれば出す事のできる行動・思考・感情パターンとなります。強く出る行動や考えの傾向では無いものの、全く無いわけではない、そんなイメージです。

中位資質は、求められれば、自然とできる領域であるため、そこまで重要視する必要はありません。

下位資質

22位前後~34位の下位資質は、どう頑張ってもその人では出す事のできない行動・思考・感情パターンとなります。自分には無い行動や考え方の傾向であるため、使おうとしてもうまくできない、そんなイメージです。

例えるなら「利き手とは反対の手で文字を書くこと」に似ています。どんなに頑張って文字を書いても、利き手ほどはうまく書けないですよね。そのわりには時間も掛かり、気も使い、そして疲れる。

そのため、下位資質にある資質は、その人にとって苦手なことであり、無理して出そうとすると辛く、使いこなせないものとなります

診断結果の考察の仕方

前述のとおり、診断結果は「上位資質」「中位資質」「下位資質」の3グループに分けることができます。

診断結果を考察するには「上位資質」「下位資質」に注目すると良いでしょう

上位資質に着目

まず上位資質。

上位資質はその人の持つ才能であるため、その人にとって難なくでき、自然とやってしまうこと。そのため、上手に活用することができれば強みとなり、目の前の課題に立ち向かえるようになります。

では、どうすれば活用できるようになるのか?

才能とは

「楽しい時」

「嬉しい時」

「人から褒められた」

「成果が出た」

こんな時に発揮していると言われています。

なのであなたの成功体験を振り返り、どのように物事を進めていたのかを掘り下げてみましょう。当時の行動と上位資質を紐づけすることで、あなたのオリジナルの才能の活かし方を発見できます

詳しい成功体験の掘り下げ方は、下記の記事にまとめてますので、ぜひご一読くださいね。

下位資質に着目

そして下位資質。

下位資質はその人にとって頑張ってもできないこと。この結果からあなたの苦手なことが見えてきます。これらの資質を無理して使うことはやめましょう。自分を苦しめることになります。

但し、どうしても下位資質を求められる状況は今後あると思います。その際の3つの解決パターンをご紹介しますね。

下位資質を求められる状況を回避する3つの解決パターン

①上位資質でカバーする

②得意な人に頼る

③その行動をやめる(そもそも必要なのかを考え直す)

重要なのは下位資質を使って、無理して自分でやらないこと。

目的に対する手段は1つではありません。自分の苦手なことを認めたうえで、切り捨てるのではなく、位資質を使ってどのように実現していくのか、それを考えていきましょう。

【考察の注意事項】ストレングスファインダーは「実現の方法」を考えるツール

考察する際の注意事項を書いておきます。

診断結果を考察は「下位資質に【●●】の資質があるから【××】はできない」と考えるのではなく、「上位資質の【▲▲】の資質を使って【××】をするにはどうすればいいか?」と実現方法を考えましょう。

ストレングスファインダーは向き不向きを考えるための適職診断ツールではありません。

診断結果から目的に対して、自分の資質をどう活かすのか「実現の方法」を考えるツールなのです

まとめ

本記事では「34資質の順位が意味すること」をまとめました。

①34資質の順位は「上位資質」「中位資質」「下位資質」の3グループに分けられる。

●上位資質 ⇒ 自然と難なくできること(まさしく才能)

●中位資質 ⇒ 意識すればできること

●下位資質 ⇒ 頑張ってもできないこと

②診断結果は「上位資質」「下位資質」に着目して考察すること。

他の記事も含めてストレングスファインダーを活用するための参考となれば幸いです。

【自信がなくても人生を変える方法】を無料で公開中

僕は少し前まで、
終電まで働く平凡な会社員でした。

終わらない仕事、
お客さんのムチャ振り、
社内からプレッシャー・・・

仕事を辞めたいと何度も思いましたが、
「やりたいこと」も無く、
転職できる自信すらありませんでした。


ですが、なんと今では
「やりたいこと」を見つけ、劣等感も払拭し、
独立してマイペースに過ごしています。


なぜ、そんなことが出来たのか?
それは自分の才能を知ったから。

断言しますが、
どんな人にも才能は必ずあります。
ただ多くの人は気づいていないだけ。


どんなに自信が無くても
自分の才能に気づくことが出来れば
思い通りに自由に生きることが出来ます。


30年間、
「やりたいこと」も「自信」も無かった
僕でも人生を変えることができました。


きっと、昔の僕のように
「やりたいこと」がない、
自分に自信がない、
と苦しんでいる方は多いと思います。


だからこの経験が少しでも
あなたに参考になればと思い、
僕の人生が変えることが出来た方法
無料のメールマガジンで伝えていくことにしました。


今だけメルマガ登録のお礼に
無料特典もお送りしています。

ぜひこちらから受け取ってみてください。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です