「頑張る」って言葉は自己卑下につながる?

スポンサーリンク

こんにちは、才能発掘コーチの花田です。

気合いを入れるとき、「頑張る!」って言葉、誰もが使うと思います。

これってもちろんポジティブな意味で使っていますよね?

 

でも実は「頑張る」は自己卑下につながる要注意ワードなんです。

 

「頑張ります!」と呟いている時、実は人間の筋力は弱まると言われています。

本来持っているはずのエネルギーが抜けているんです。つまりいつも以上のパフォーマンスを発揮することができなくなります。

これには深層心理が関係する理由があるのです。

 

****

「頑張る」は「我を張る」とも言われます。

「我を張る」は他人と比較して「オレがオレが」と自分の凄さ、優位さをアピールする行為です。

なぜそういったアピールをするかというと「そうしないと認められない」「そうしないと優秀と思われない」という恐れや不安の意識があるから。

 

なので「頑張る!」という言葉には

「(そうしないと自分はダメだから)頑張る!」と無意識に「自分はダメ」という前提になっています。

「頑張る意識」が自動的に「自己卑下」につながっているのです。

 

****

ここで「頑張る」に代わる良い言葉を紹介します。

 

それは

「今の自分のベストを発揮する」

「最高の自分を出す」

といった言葉です。

 

これらの言葉には他人との比較は入っていないので、「今の自分がダメ」という前提になっていません。

「(今の自分も良いけど、もっと良くするために)最高の自分を出す」と無意識に「自分は良い」という前提になっているのです。

 

****

自分で発した言葉は潜在意識へ刷り込まれていきます。

もしネガティブな言葉ばかりを使っていれば、気づかないうちに「自分はダメなんだ」と自己卑下につながっていくのです。

 

実は一流の人と普通の人との違いは「使っている言葉が違うだけ」とも言われています。

一流の人は意識して良い言葉を使い、普通の人は無意識に悪い言葉を使っている。

それほど言葉の力は偉大なのです。

 

良い言葉とは「ポジティブな言葉」を指しています。

良い言葉(ポジティブな言葉)

・ありがとう

・嬉しい

・楽しい

・すごい

・素晴らしい

・幸せ

・えらい

・豊かだ

・ツイてる

意識の97%が無意識(潜在意識)です。

そして意識は現実化すると言われています。

 

使う言葉を良い言葉に代えていけば、無意識が変わる。

そして無意識が変われば、現実が、つまり人生が好転するようになります。

 

今日は「頑張る」という言葉から、使う言葉の大切さをお話いたしました。

ぜひ、良い言葉を使うように意識してみてくださいね。

理想の人生を描くオリジナルの3ステップをメルマガで配信中

僕は少し前まで、
終電まで働くごく普通の会社員でした。

終わらない仕事、
お客さんのムチャ振り、
社内からプレッシャー・・・

仕事を辞めたいと何度も思いましたが、
「やりたいこと」も無く、
転職できる自信すらありませんでした。


ですが、なんと今では
「やりたいこと」を見つけ、劣等感も払拭し、
独立して「自分らしい人生」を過ごしています。


なぜ、そんなことが出来たのか?
そのキーワードは自己肯定感です。

人間の脳の性質上、
全ての行動において自己肯定感が関係しています
自己肯定感は「心の」「人生」の土台です


自分の人生を変えるためには、
あれこれとスキルを学ぶことよりも
まずは自己肯定感を整えること
これが一番最初にすべきことです


30年間、
「やりたいこと」も「自信」も無かった
僕でも人生を変えることができました。


きっと、昔の僕のように
「やりたいこと」がない、
自分に自信がない、
と苦しんでいる方は多いと思います。


だからこの経験が少しでも
皆さんの参考になればと思い、
僕が人生を変えた方法や経緯
無料のメールマガジンでお伝えしています。


今だけメルマガ登録のお礼に
3大特典もお送りしています。

ぜひこちらから受け取ってみてください。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です