【お得な2大特典】ご参加はこちらから

 

チームの業績があがらず

頭を抱えているあなたへ

 

突然ですが、

あなたは下記7個のチェック項目に

どのくらい当てはまりますか?

 

 チームの業績が上がらない

 チームに一体感を感じられない

 

 やる気のないメンバーがいる

 メンバーがなぜできないのかわからない

 

 メンバーから信頼されていないように感じる

 できない(やる気のない)メンバーへの接し方がわからない

 

 チームの業績目標の不足分は自分でやった方がいいと思っている

 

以上の全ての項目は過去、

私がリーダーとして初めてチームを任されたときの悩みでした。

 

メンバーからは

「私たちの気持ちを全然わかっていない」

と批難をあびたこともあります。

 

でも”あること”を知ってから

メンバーとのわだかまりもなくなり、

 

チームに一体感が生まれ

業績もグングンと伸びていきました。

 

その理由を私の過去の話を交えて

お話させてください。

 

チェック項目に3つ以上、

チェックが付いた方には必見の内容です。

 

リーダーを任されてからの苦悩

 

私は、

チームに課された業績目標を達成することが

自分への評価をさらに上げると信じて、

 

業務の進め方や営業スタイルのすべてを

メンバーに真似させることからチームマネジメントをスタートしました。

 

 

しかしチームの業績は鳴かず飛ばずの状態が続きます。

 

 

「メンバーはなんでやる気がないの?」

「お手本をこんなに開示しているのに、どうしてその通りできないの?」

「自分はリーダーとしてこんなに頑張っているのに・・・」

 

と出てくるのはメンバーへの不信感ばかり。

 

チームの飲み会も多く開き、

コミュニケーションを図りリーダーとして

自分の思いを伝え続けているのに、なぜ・・・?

 

業績が伸びない理由が私にわかりませんでした。

 

 

メンバーから思いもよらぬ言葉が・・・

 

新チーム結成から半年ほど経過したある時、

年上のメンバーこんなことを言われました。

 

 

「リーダー、我々は同じチームのメンバーですが、一人ひとりの良い面や強みもあれば価値観も違う。リーダーは、森は見てるけど一本一本の木のことなんか見ていない

 

「リーダーが作ってきた実績は素晴らしい。でもそれに頼り過ぎてるから、頑張っても成績を上げられないメンバーの気持ちを知ろうとしていない

 

 

心にグサリと言葉が刺さりました。

 

指摘されたことはまったくその通りで、

反論できなかった・・・

 

 

メンバーの悩み事も知ろうともしなかったし、

信頼関係が必須とも思わなかった。

 

空回りしていた自分に気づいたのはこのときでした。

 

 

あることを知ってから業績が大幅アップ!

 

メンバーの言葉から、

とても大事なことに気づきました。

 

それは業績だけではなく

「心の状態」を知って寄り添うこと。

 

どうすれば良いか探していた時、

私はある方法を知りました。

 

そしてその方法を実践をし続けると、

チームの業績は少しずつ上がり始め、

 

年度の終わりにはなんと年間目標を

大きく超える業績を作ることが出来たのです。

なぜうまくいくようになったのか?

実は全く特別なことはありません。

 

【お得な2大特典】ご参加はこちらから

 

【Google社が発表】

絶対に成功するチームのたった1つの理由

 

Google社のあるプロジェクトでは

成功するチームには共通点があることが分かっています。

 

それは「心理的安全性」です

 

心理的安全性とは、

 

チームのメンバーがそれぞれ不安を抱えることなく、自分の考えを自由に発言できたり、行動に移すことができる状態

 

のこと。

 

もっと簡単に言うと、チームのメンバーが

 

「こんなことを言ったら皆からバカにされないだろうか・・・」

「リーダーから叱られないだろうか・・・」

 

と言った不安をもたずに済む、

他者への心遣いや道場、あるいは配慮や共感があること。

 

 

つまり端的に言うと

 

 何でも言い合える環境

 

 発言・行動しようとする自立心

 

この2点が重要になります。

 

 

失敗するチームはこの2点が

満たされていないのです。

 

 

以前の私も数字のことばかり追い求め

どちらも出来ていませんでした。

 

その結果は先ほどお話した通りです。

 

ではこの2点を達成するには

どうすればいいのか?

 

それは「コーチング」と「自己肯定感」になります。

 

 

成功するチームへ変貌させるコーチングとは?

 

 何でも言い合える環境

 

 発言・行動しようとする部下の自立心

 

この2点を満たすこと出来れば、

あなたのチームは生まれ変わります。

 

そのために「コーチング」と「自己肯定感」が必要なのです。

 

 

まずコーチングについて。

 

 

コーチングとは、

コミュニケーションスキルの一種であり、

 

目標達成に向けて自立・自走し続けられる人を育成すること。特に「心の在りかたを整えること」に焦点をあてて、「対話」を通して行動を促すコミュニケーションスキル。

 

です。

 

コーチングは指示命令や

ィーチングではありません。

 

あくまで相手の考えを

引き出してあげる対話です。

 

対話を中心に頭の中を整理させ、

考えを引き出すことで

 

メンバーに主体的・自発的な行動を促すのです。

 

 

コーチングの根底には

 

 人の数だけそれぞれに成長の歴史があり、人の数だけ価値観がある

 

 目指すゴールは同じでも、そこに向かうコースは人それぞれで違っていい

 

 メンバー自身も気づかずにいる強みを知ると自信が生まれる

 

このような考え方があります。

 

 

相手のことを否定せずに肯定する、

目標に向けた道筋作りをサポートする、

 

まさしくコーチングは心理的安全性である、

 

 何でも言い合える環境

 

 発言・行動しようとする部下の自立心

 

を達成するために重要なスキルなのです。

 

そしてここで大事なことをお話します。

 

 

コーチングの説明であれば、

普通はここで終わります。

 

しかし

コーチングの効果を高めるためには、

もう1つ重要なことがあります。

 

それが自己肯定感です。

 

【お得な2大特典】ご参加はこちらから

 

心の土台となる自己肯定感とは?

 

自己肯定感とは、

 

いまの自分に満足していて、自分が価値ある存在だと受け入れられること。

 

もっと簡単に言い換えると、

「心の土台となる生きるエネルギー」とも言えます。

 

 

高い自己肯定感は

 

物事を多角的にみることで

否定の中からも肯定的な側面を見出す、

 

客観的な視点をもたらします。

 

 

そして自己肯定感の高低差で

このように行動にも大きな影響を及ぼすのです。

 

 

 

「何でも言い合える環境」は

リーダーの大きな器、客観的な視点、

つまりリーダーの自己肯定感が問われます。

 

「発言・行動しようとする部下の自立心」

も部下自身に自己肯定感が必要です。

 

リーダーも部下も

どちらにも自己肯定感が必要なのです。

 

 

コーチングとはあくまでも

コミュニケーションスキルです。

 

そのスキルを成立させるには

心の土台である自己肯定感が必要になるのです。

 

 

コーチングをはじめ、

コミュニケーションスキルは沢山あると思います。

 

 

そのスキルだけを

必死で追い求めていませんか?

 

 

そのスキルを活かす前提として、

自己肯定感が必要なのです。

 

自己肯定感は決して先天的なものではなく

誰でも何歳からでも高めることが出来ます。

 

 

コーチング×自己肯定感で

あなたのチームは生まれ変わる

 

コーチング、

そして心の土台となる自己肯定感、

 

この2つ知り、理解すれば

あなたのチームはこのように生まれ変わります。

 

 メンバーとの間に信頼関係が生まれ、チームの業績がバンバンあがる。

 

 部下の自立心が生まれ、指示をしなくとも、自らの力で考え、行動するようになる。

 

 何でも言い合える環境となり、チームとしての一体感が生まれる。

 

 指示待ちの部下がいなくなり、リーダーとしてのタスクに専念する時間が増える。

 

 メンバーの個々の状態に合わせた育成ができるようになり、このメンバーには何が必要なのかが瞬時にわかるようになる。

 

 

でもコーチングや自己肯定感のことは

会社の上司は教えてくれないですよね?

 

これさえ知れば、

劇的にチームが変わることなのに・・・

 

そこで

教育・研修のプロ

自己肯定感のプロ

 

の2人がタッグを組んで、

コーチングと自己肯定感を

一緒に学べるスペシャルな講座を開催します。

 

 

オンライン講座の内容

 

教育・研修のスペシャリストの菊地修

自己肯定感のプロの花田有仁が、

 

成功するチームに必要となる、

 

 何でも言い合える環境

 

 発言・行動しようとする自立心

 

この2つを満たすための

コーチングスキルと自己肯定感について

セミナー形式のオンライン講座でお伝えします。

 

オンライン講座の内容は以下の通りです。

 

 イントロダクション(講師の紹介、参加者同士の自己紹介)

 

 自己肯定感について

(1)自己肯定感とは?

(2)高い自己肯定感の必要性

(3)自己肯定感の高め方

 

 コーチングについて

(1)指示命令・ティーチングとコーチング

(2)対話を通してのメンバーの無意識を言語化する

(3)思考を整理し自発的な行動につなげるコミュニケーション技術

(4)コーチングの3原則

 

 まとめ

 

 

そして

本講座はZOOM(無料通話ツール)を使った

テレビ電話形式のオンライン講座となります。

 

パソコン、スマホがあれば、

場所は選びません。

 

自宅でも外出先でもどこからでも

講座に参加ができます。

 

【オンライン講座の雰囲気】(過去に行った講座の画像です)

 

 

この講座で受講することで、

あなたのチームはこのように生まれ変わります。

 

 メンバーとの間に信頼関係が生まれ、チームの業績がバンバンあがる。

 

 部下の自立心が生まれ、指示をしなくとも、自らの力で考え、行動するようになる。

 

 何でも言い合える環境となり、チームとしての一体感が生まれる。

 

 指示待ちの部下がいなくなり、リーダーとしてのタスクに専念する時間が増える。

 

 メンバーの個々の状態に合わせた育成ができるようになり、このメンバーには何が必要なのかが瞬時にわかるようになる。

 

 

 

本講座は参加者の皆さんが

安心してリラックスできるよう

安心・安全の場にします。

 

参加者の皆さんと

自己紹介やワークの分かち合いをする

お時間も設けますが、

 

支離滅裂なことを言っても

全然構いません。

 

お互いに徹底肯定・徹底承認で

やっていきます。

 

このような講座に初めて参加される方も

安心して受講することができます。

 

 

講師2人の雰囲気が伝わるように

以前の対談動画を紹介しておきますね。

 

 

 

 

講座日程と価格について

 

開催日程は

 

2021年1月27(水) 20:00~ (2時間程度)

【満員御礼】満席になったため、申込を締め切りさせて頂きました。

 

2021年1月31日(日) 14:00~ (2時間程度)

(1/27が満席になりましたので、急遽日程を追加を致しました。)

 

 

価格は5,000円(税込)となります。

 

そして数制限(5名)があります。

ご参加の場合はお早めにお申し込みをお願いします。

 

 

 

次に紹介する参加者様からの

ご感想を読んで頂ければわかりますが

超お得です!

 

【お得な2大特典】ご参加はこちらから

 

 

今までの参加者のご感想

 

今まで開催してきた参加者のご感想を紹介します。

 

気づきの連続でとても素敵で有意義な時間でした!!

(A.Tさん 20代 女性)

 

受けなきゃもったいない!って思いました!これに尽きます!

(メイコさん 女性 )

 

リーダー経験はないですが、サブリーダー、メンバーとして今後に活かしたいと思える学びがたくさんありました。

(ゆっきーさん 女性)

 

 

【お得な2大特典】ご参加はこちらから

 

2大特典付き!!

 

ご参加して頂いた方には

15,000円相当超お得2大特典無料でプレゼントします!

 

 

特典①

教育・研修のスペシャリスト・菊地による

コミュニケーションタイプ診断付き60分間のオンラインセッション(8000円相当)

 

 

 

通常価格、8,000円(税込)で行っている

1対1のオンラインセッションを特典としてプレゼントします。

 

40項目の質問に答えて頂くだけで、

あなたの対人における特性(コミュニケーションタイプ)を診断します。

 

タイプの特徴を知ることで

今後の対人関係の構築に役立てることが出来ます。

 

 

特典②

自己肯定感と才能の先生・花田による

60分間のオンライン体験セッション (6,500円相当)

(3ヶ月間の個別プログラムの体験セッションとなります。)

 

 

 

通常価格、6,500円(税込)で行っている

1対1のオンライン対戦セッションを特典としてプレゼントします。

 

 

自己肯定感を高めるために

いまの自分の状態を把握すること、

自己認知することが非常に大事になります。

 

本セッションでは自己認知を中心に

事前に行って頂く簡単なワークを通して

いまの状態を把握し、

 

状況を改善するための

スモールステップを考えて行きます。

 

 

「今の現状が精神的に苦しい」

「現状を変えたいけど何をしていいかわからない」

 

そんな方に向けた第一歩を踏み出すための

セッションになっております。

 

【お得な2大特典】ご参加はこちらから

 

 

よく聞かれるご質問にお答えしました。

 

 


 

お支払い方法を教えてください。

お支払いは「事前支払い」で「一括支払い」でお願いしています。

ご決済手段は「銀行振込」または「クレジットカード(PayPal経由)」となります。

 

【補足】PayPalで使用可能なクレジットカードまたはデビッドカード

Visa,Mastercard,JCB,American Express,ディスカバー,銀聯(UnionPay)

 

講座参加までの流れを教えてください。

申し込みフォームよりお申し込みを頂けましたら、すぐにメールにてご連絡をさせて頂きます。主な流れは下記となります。

 

①お申し込みフォームよりお申し込みをお願い致します。

お申し込みフォームにてお支払い方法の選択と、氏名、メールアドレスの入力をお願いいたします。

 

クレジットカード決済の場合は、入力後、お支払いのページへ遷移いたします。

 

銀行振込の場合は、入力後、振込先をお伝えするメールをすぐにさせて頂きます。そのメールを受けてお振り込みをお願い致します。

 

②決済完了後、オンライン講座用のZOOM URLを送付

決済完了後はオンライン講座当日にアクセスして頂く、ZOOM URLをメールにて送付致します。クレジットカード決済の方は決済直後、銀行振込の方はお振り込み確認次第、お送り致します。

 

③オンライン講座へ参加

当日の時間になりましたら、事前に送付したZOOM URLにアクセスをお願い致します。(事前にZOOMのインストールは必要です。詳細は下記の質問にて記述。)

 

 

購入後のキャンセルや返金保証はありますか?

申し訳ございませんが、返金保証はございません。

またキャンセルについても認めていません。

(当日、急用でご参加頂けなかった場合も返金は致しません。但し他日程への振り替えは可能です。)

 

ZOOMとはどのようなツールなのでしょうか?

ZOOMはアメリカの会社が作成したWeb会議システム(無料通話ツール)となります。事前にアプリのダウンロードは必要となりますが、ユーザー登録は不要です。こちらからお送りするURLにアクセスして頂くだけで簡単に通話(会議)をすることができます。

詳しくはこちらをご覧ください。 ⇒ ZOOMって何?

 

申込をしましたが、メールが送られてきません。

申込直後に、こちらからはメールを送信しております。

そのため考えられる理由は、

 

①迷惑メールフォルダに入っている。

②受信拒否設定になっている。

③登録したメールアドレスが下記のいづれかのドメインである。

・docomo、softbank、auの携帯キャリアのドメイン

・icloudのドメイン

(上記のドメインの場合、メールが届かない事象が起きています。)

 

迷惑メールフォルダを確認して頂き、届いていない場合は、個別に再送いたしますので、

お手数おかけ致しますが「info@yoshihanada.com」宛てにご連絡をお願い致します。

 

 

 

【お得な2大特典】ご参加はこちらから

 

 

2人の講師紹介

 

自己肯定感と才能の先生

花田有仁 (はなだよしひと)

 

大学卒業後、システムエンジニアとして会社に就職。

 

一時は25人をまとめる

リーダーにまでに抜擢されるが、

リーダーのプレッシャー、度重なる激務、顧客からの無茶振り、会社内の圧力、

 

と様々な要因から

自信をなくし、勤続約10年にして

メンタル不調で休職に。

 

そんな人生のドン底をさまよっていた時、インターネットを通して自己肯定感の大切さを知る。

 

自己肯定感を高めた結果、

自分を認め、自信を取り戻し、人生のドン底から脱却。

 

自らが救われた自己肯定感の大切さ、

重要さを広めるために、会社を辞め「自己肯定感と才能の先生」として独立。

 

自らが同じように苦しんだ経験を活かし、講座や個別プログラムを通してこれまで100人以上をサポート。2020年にはサンクチュアリ出版からのご依頼で単独イベントも実施。

 

 

【お得な2大特典】ご参加はこちらから

 

皆さんのご参加、お待ちしております!

 

特定商取引法に基づく表記

Copyright (C) 2021 Yoshihito Hanada All Rights Reserved.